スターサーバーに移行したので、おすすめポイントを紹介するよ!

スポンサーリンク

※本ページはプロモーションが含まれています

その他

長らくさくらのレンタルサーバを使ってきましたが、諸事情によりスターサーバーに移行しました。
移行にあたり、何を基準にサーバーを選んだか、スターサーバーにした決め手、などを紹介します。

サーバー移行のきっかけ

元々は、Web制作の勉強を始めた頃にさくらのレンタルサーバを契約し、そこからずっとさくらを愛用してきました。

サーバー界で老舗のさくら。
不都合など全くなかったし、マニュアルも充実していて使いやすく気に入っていたので
長い間使い続けてきました。

乗り換えるきっかけは、不満とかではなく完全にこちらの事情です。

ホームディレクトリを指定してFTPアカウントをつくりたかった

ある日、仕事を外注することになったのですが
テスト環境としてさくらのFTP情報を渡そうとしたとき、
必要なディレクトリ以外は見られないようにしないといけないな、とふと思いました。
ですが、どうやらさくらではそれができないようなのです。

調べてみると、エックスサーバーなどはプランに関係なくできるようですが、さくらだとできない。。
という訳で、どのような方法にするか検討を始めました。

※後から調べたら、さくらでもビジネスプラン以上なら可能なようです。
私はスタンダードプランだったので、できませんでした。

プランのアップグレードするには一度解約が必要

まず最初に、さくらのままプランをアップグレードする案が浮かびました。

が、さくらの場合、契約中プランのアップグレードというのはできなくて、
別途新規で契約→今までのプランを解約
という手順を踏まないといけません。

ということは、どちらにしろ移行作業が必要ということ。。
この状況ならさくら以外も選択肢に入るな、と思い
複数のサーバー会社の比較検討を始めました。

さくらの契約はそのままに
テスト用のサーバーを別で契約することも考えましたが、
管理が複数に渡るのが面倒でひとつにまとめたい派なので、
この選択は早々に外れました。

サーバー選びの条件

以上を踏まえ、今回はざっと以下のような基準で検討しました。

  • ホームディレクトリを指定してFTPアカウントを作成できる
  • 現在の環境と同等もしくはそれ以上のスペック
  • 現在と同程度の維持費
  • 導入費用が無料もしくは安価
  • お試し期間がある
  • 無料SSLが使える
  • WordPressのカンタンインストール機能がある

まあ最後の3つは大体どこも提供しているので、
先述の FTPアカウントの件に加え、価格が大きなポイントになりました。

スターサーバーに決めた理由

いくつか比較検討した上でスターサーバーにした訳ですが、決め手は値段でした。

なんといっても「安い」のが強み!!

現在と同等のスペックで条件を満たしていて、価格も同程度、
というのが何より大きかったです。
しかも、キャンペーン中だったのでさらに半額!
超お得に移管できました。

※2023年3月31日まで、初期費用が無料&利用料金が半額になるキャンペーン中です!

【特典】独自ドメインが永久無料!?

独自ドメイン永久無料の特典がついているプランがあります。
選べるドメインが少ない印象でしたが、オーソドックスなものはカバーされているので
特に問題はないかな、と思います。

【注意】他社サーバーとの相違点

データベースや、ディレクトリの構造が独特だな、とも感じました。
他社のサーバーを使ったことがある人は、慣れるまでちょっと戸惑うかもしれません。。

おまけ:無料で使える「スターサーバーフリー」

スターサーバーでは、無料サーバーも提供しています。
とりあえずレンタルサーバーを試してみたい!
スターサーバーの管理画面とか見てみたい!
という人はお試しください。
スターサーバーフリー

まとめ

ということで、スターサーバーのおすすめポイントを紹介しました。
レンタルサーバー選びに迷っている人や、スターサーバーってどうなの!?という人の参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました